LOWRANCE HDI振動子(淡水用)対応 振動子ガード T-BUMPER設置方法

LOWRANCE HDI振動子(淡水用)対応 
振動子ガード T-BUMPER
取付方法

■内容物確認
6mmX70mmボルト  3
6mmナット      3
6mmワッシャー    3
30mmスペーサー   6
100mmタイラップ   5
200mmタイラップ   1
ガードx2枚

最初に振動子ガードの2つ穴にボルトを通し固定します
ボルト→振動子ガード→スペーサーx2→振動子ガード→ワッシャー→ナット
の順で絞めてください。


2つの穴だけ固定してください


振動子の準備

HDI振動子(淡水用)振動子を用意します。
プラスティックのステーは取付しません


振動子にタイラップを付けます

振動子に200mmのタイラップを巻き
直角交差で2本の100mmのタイラップを設置します



この時タイラップの向きを確認してください


一緒に締める

振動子をT-BUMPERに入れてボルトと200mmタイラップを100mmタイラップで一緒に締めます



振動子前方は以下のように締め付けます。

ケーブルの位置を確認してください



振動子ガードにケーブルを固定します



外側から見た形です



ケーブル取り出し口の付近でスペーサーにもケーブルを固定します



パーカークランプの下にケーブルがあることを確認
してください



裏面はこのようになります



振動子先端部 ケーブルが固定され保護されています

前から見た振動子
振動面より突き出したT-BUMPERで
下方向の衝撃も60mm以上の物体ならガードします

エレキ底面から40mmが振動面です
通常はエレキ底面から75mmが振動面ですので
T-BUMPERは35mm低く設置できるので
エレキのマウントとの干渉を避けることができます

最後のボルトを締めて完成です



パーカークランプでエレキに振動子を取り付けてください